軽自動車の車検費用について

   

車に乗る上で避けて通る事ができない車検ですが、気になる費用はどのぐらいでしょうか。そんな軽自動車の気になる検査費用について解説します。一般的に自分達たちがディーラーやカー用品店などにお願いする検査費用の一般的な相場は、1500ccクラスの普通車ですと法定費用と車検基本費用をあわせて約10万からです。これに部品などを交換する必要がある場合はそれに部品代や整備費がプラスされます。
軽自動車の場合ですと法定費用と車検基本費用あわせて約7万程度と軽自動車の方が数万円お得になります。

費用の内訳はどうなっているのでしょうか

費用のほとんどを占めるのが法定費用です。こちらは法律で値段が車種ごとにちゃんと決められていますので、どこのお店に車検を依頼しても値段が変わる事はありません。この法定費用の内訳は自動車重量税の他、自賠責保険と印紙代や証紙代になります。自動車重量税はその名前の通り車体の重量ごとに異なる金額が課税される税金です。軽自動車は一番安く減税できた場合は5千円です。ちなみにこの自動車重量税はエコカー減税というものがあって、排ガスや燃費性能など国が定めた一定の基準を満たした車両において減税される仕組みになっています。
そして自賠責保険です。正式には自動車損害賠償責任保険となります。こちらは交通事故の被害者を救済する目的で作られた保険で対人のみに適用されます。対物や運転者自身には適用されませんので注意が必要です。この保険は車検の期間分は加入していなければならず、強制的に入らざるを得ない保険でもあるため別名強制保険とも呼ばれます。そして検査手数料ですが、こちらは印紙代や証紙代の事です。こちらも車種によって値段が別れています。3ナンバーが一番高く、軽自動車が一番安いです。

そして依頼する業者で値段が変わる費用

もう一つの費用が車検基本費用です。こちらは24ヶ月の定期点検料と測定検査料、代行手数料の3つで依頼するお店によって若干値段が変わってきます。これは人件費などがあるためそのお店ごと独自に設定されています。なので同じ車種なのに値段が変わってくるのはこの部分が違う事も一つあります。1万円から2万円ぐらい違ってくることもざらにあります。
車検代がもっとも大きく変わる部分が部品などの交換費用です。この部分はひとりひとり自動車の状態が違うため、ここで車検代の差が大きく開きます。日頃から点検をちゃんとしてこまめに部品を交換していれば、ここで費用が大きくかかることを防ぐ事ができます。日頃から安全確認も兼ねて、部品の点検もこまめにしておく事をおすすめします。

ピックアップ記事

軽自動車の車検終了までどれぐらいかかるのか

軽自動車など検査を受ける時に気になるのが、検査終了までに要する時間です。一体どれ位かかるのでしょうか。実は車検を依頼する業者や軽自動車などの状態によって、変わってくるものの一つに時間があるのです。所要...

軽自動車の車検を受けた際の整備保証とは

軽自動車などの車検を受けた際に、依頼した工場やディーラーなどが整備保証を付けてくれますが、この整備保証とは一体何でしょうか。検査に通す前に依頼された業者はお客さんの軽自動車などを念入りにチェックし補修...

立会い車検がお得な軽自動車

1日車検と立会車検の違いをご存知でしょうか。1日と立会いはかなり違うため、ここでポイントなどをご紹介します。1日車検は一般的な方法で、カー用品店やガソリンスタンド、ディーラーなどに朝車両を預けて夕方に...

軽自動車の車検費用について

車に乗る上で避けて通る事ができない車検ですが、気になる費用はどのぐらいでしょうか。そんな軽自動車の気になる検査費用について解説します。一般的に自分達たちがディーラーやカー用品店などにお願いする検査費用...