立会い車検がお得な軽自動車

   

1日車検と立会車検の違いをご存知でしょうか。1日と立会いはかなり違うため、ここでポイントなどをご紹介します。1日車検は一般的な方法で、カー用品店やガソリンスタンド、ディーラーなどに朝車両を預けて夕方に納車され終了したらお客さんに引き渡される方法です。
そして立会いは、運輸局の指定した民間の車検工場に車両を持ち込み、整備士の点検や消耗部品のチェックを受けた後、お客さんが立会いのもとに整備士から現状の車の状態、部品交換の有無などの説明を聞き、修理するかどうかをお客さんが決めます。当然検査に引っかかるような状態の部品が見つかった場合は修理する必要があります。

立会いのメリットとは

立会いはお客さんが立会って現状の軽自動車の状態を聞き、一緒に確認しながら部品の交換や修理をするか決めていきます。整備士と一緒に確認しながら進めていくので、交換する必要のない部品まで交換させられたり、異常のないところまで手をつける、と言った過剰整備を防ぐ事が出来るので、予算を極力省く事が出来ます。
また整備士の方と一緒に確認していきますので、コミュニケーションが取れ、軽自動車に関する豆知識や、知らなかったノウハウなど思わぬ情報が聞けたりすることもあります。そして一番の魅力が運輸局指定の整備工場の場合はその場で認可を出せるので代行料もいりません。また陸運局に持ち込む場合ですと、土日祝日は作業が出来ませんが指定の整備工場の場合はその縛りもありませんので非常にスピーディーです。

一般と立会はどちらがお得でしょうか

それでは一般と立会いはどちらがお得なのでしょうか。基本的に車検は法定費用と車検基本費用そして部品交換費用が発生します。法定費用の部分はどちらも変わりませんが、大きく変わるのが車検基本費用と部品交換費用です。立会いの場合は特に部品交換費用が一番大きく節約出来る部分です。基本的に検査に通るところだけを直せばいいので、一般の車検に比べるとかなり安くする事が出来ます。整備士の方が何と言おうと車検と無関係の場所であれば自分で直そうと思ったところ以外は直さなくてよいのです。また軽自動車の立会い車検料は更に安く、1500ccクラスの車両と比べると1万から2万ぐらいは安くなります。
しかしながら自動車は不具合が出るとそれにつられて他の箇所もどんどん悪くなっていきます。あまり費用を抑えることばかりを考えず、常に総合的に点検をして、古くなってきたり、悪くなってきたりした部品などはその都度早めに交換する事を心がけたいものです。

ピックアップ記事

軽自動車の車検終了までどれぐらいかかるのか

軽自動車など検査を受ける時に気になるのが、検査終了までに要する時間です。一体どれ位かかるのでしょうか。実は車検を依頼する業者や軽自動車などの状態によって、変わってくるものの一つに時間があるのです。所要...

軽自動車の車検を受けた際の整備保証とは

軽自動車などの車検を受けた際に、依頼した工場やディーラーなどが整備保証を付けてくれますが、この整備保証とは一体何でしょうか。検査に通す前に依頼された業者はお客さんの軽自動車などを念入りにチェックし補修...

立会い車検がお得な軽自動車

1日車検と立会車検の違いをご存知でしょうか。1日と立会いはかなり違うため、ここでポイントなどをご紹介します。1日車検は一般的な方法で、カー用品店やガソリンスタンド、ディーラーなどに朝車両を預けて夕方に...

軽自動車の車検費用について

車に乗る上で避けて通る事ができない車検ですが、気になる費用はどのぐらいでしょうか。そんな軽自動車の気になる検査費用について解説します。一般的に自分達たちがディーラーやカー用品店などにお願いする検査費用...