厳選!ワキガの治療6選in東京

HOME > ワキガ治療を東京でするポイント > ワキガの治療には自覚症状をテストする

ワキガの治療には自覚症状をテストする

人に言えないような悩みのひとつにあるのがワキガになり、男性よりも女性にとってはデリケートなことで問題となります。
汗をかかない時季では問題がありませんが、実際に夏場になるとどうしてもワキに汗がでてくるため、臭いが周りにいくので気になってしまいます。
精神的に不安に陥ってしまうと仕事をしていても気になりますし、香水などを多量につけてごまかすために他の臭いと一緒にきつくなることも少なくありません。
そんなときにはワキガ治療をすることがオススメになり、カウンセリングを受けながら治療方法を話してもらうことで楽になります。
治療をしていくにも原因を考えるにはまず汗などが、どのように体内から出てくるのかを理解する必要があります。
人間の分泌腺は2種類あることから一つ目のエクリン腺は通常の汗を流すための分泌腺となるので、全身に存在していてサウナなど通っている人だとたくさん汗が出るところになります。


二つ目はアポクリン腺からの分泌になり、皮膚の表面についてくる細菌が分解されることによって、ワキガの臭いを作っているといわれています。
そして原因になるのは汗になりますが脂肪酸を含んでいる皮脂もあるために、より強い臭いを出してしまうので暑い夏場などは要注意です。
またアポクリン腺はわきの下だけにあるのではなく、実は耳の中にもありますし、乳輪や陰部などにも存在しているので臭いが気になる人もいます。
これが思春期になるとどうしても気になるようになり、家族からの指摘や他の人からいわれたときにショックを受けることも考えられます。
そのためにカウンセリングでは精神的なことも含めて話を聞いてもらい、日常的にどのような対処をしてきたのかをベースに治療をしていくことが大事です。


東京には有名なワキガのクリニックがありますので、自覚症状などの診断をしてもらうこともできます。
自覚症状が無い人もいますので検査をしてみてどのような臭いに感じるのかをテストすることもできるため、専門のクリニックで治療がベストです。
日常生活での注意点としては、シャワーを浴びる回数を増やしたり、汗を拭く行為を常にやっておくこともありますし、また除毛をすることもひとつの対策になります。
クリニックでは治療をすることができますので、超音波治療やマイクロ波などもできるために自分にあった方法を選択することができます。
東京には複数のクリニックがありますので、インターネットなどの口コミ情報からウェブサイトでどのようなところかを調べることで、安心して治療をすることができます。

次の記事へ

ページトップへ