厳選!ワキガの治療6選in東京

HOME > ワキガ治療を東京でするポイント > ワキガの治療を行うベストな方法

ワキガの治療を行うベストな方法

ワキの臭いが気になるなら「腋臭症」という病気の可能性も考えられますから、まずは医療機関を受診しましょう。
その前には、該当するのか症状(状態)をチェックしましょう。
第一に、自分でワキの臭いに気付いているのか、周りからその臭いを指摘されたことが何度もあるのか、ということもポイントです。
ただ単に、ワキ汗の量が多いだけでなく、その汗がベタベタしていたり、洋服のワキ部分だけが黄ばんでいないでしょうか。
もっとも腋臭症と診断される判断材料になるのが、ワキガで悩む家族の有無です。
ちなみに、耳垢が湿っていたり、脂っこい食事を好んでいる、こうした項目にチェックが入る場合も疑いをハラすために診察を受けてみましょう。
特にこうしたデリケートな悩みは、美容整形外科などが適切ですし、東京にはクオリティの高い医療機関が沢山あります。


東京のクリニックでは、ワキの臭いの悩みに応えるため、カウンセリングが受けられます。
相談だけでも可能ですから、とりあえず話だけでも、という軽い気持ちで受診してみるのもいいでしょう。
腋臭症という病気と診断されても、手術をするか否かは患者本人の意思確認により決めることになります。
もちろん、ワキガと名称がつくだけあって、臭いの問題だけであれば、消臭スプレーなどでの対策で十分かもしれません。
しかし、治したいのであれば、東京で、知識も技術にも定評のあるクリニックにて手術を受けるのもよいでしょう。
患者にとって手術するか否か、そのポイントになり得るのは「傷跡が残らないこと」でしょう。
また、日帰り手術なのか、入院が必要なのか、そうした周りにバレないことを気にかける患者が意外に多いようです。
美容整形外科では、基本、ビューホットなどを使った自由診療による治療で、16歳未満の患者の治療相談にも対応していますから、プライバシーに配慮できます。


根本的に治したいのならば、手術という方法なのですが、両ワキを同時に行うべきなのか、片側ずつ行うべきか、悩みどころでしょう。
できるだけ確実な治療を望むなら、そして仕事や生活に支障をきたしたくないのならば、片側ずつ行う方法がベストだといいます。
というのは、片側ずつであれば、十分な治療時間をかけられるため、確実性が高まります。
アポクリン腺をしっかり取り除くことで、再度臭いがぶり返すこともありません。
また、十分な治療時間をかけられるのなら、安静にできる時間も取れるため、合併症リスクにも臨機応変に対応できたり、リスクそのものも少なくて済みます。
ワキを上げ下げするなど、仕事や生活に制限なしでとなれば、両ワキ手術よりもやはり片側ずつ、影響しない利き手と逆から行うのもアリでしょう。

次の記事へ

ページトップへ